こんにちは。
ブログ開設後はじめて登場します、にしこです。

ブログを開始した当初、ブログネタにできるような事は無いかと話し合った際、トヨゾーぬいぐるみ化計画が立上がりました。業者さんに依頼する前に、手製で作れないだろうか、と言う事で、私が製作するに至りました。

「筒状のキャラクターだから、髪の毛さえクリアできれば簡単に作れるだろう。」
「端処理が面倒だから、材料はフェルトでつくれば楽なんじゃないか。」
なんて軽く考えていたんですが、素人が型紙も無い状態で簡単にできる事ではなく、思いのほか大変な作業となりました。

作業は主に、フェルトをざっくり裁って、仮縫いをして、綿を入れてみて、解いて、裁って、仮縫いをして、のくり返し。トヨゾーは頭にかけてスリムになっていくので、台形に裁断したフェルトをベースにします。髪の毛は悩んだ末に、楕円形のフェルトを縫い合1stわせた上に、綿で無理矢理立体感を出しました。トヨゾーの形に近付くまで微調節をして、試行錯誤しながらなんとか作成。裸のままでは可哀想なので、服となる白いフェルトを巻き付けます。首がどこなのか分からず、困惑しながらも資料を参考にそれらしく見える場所に縫い付けました。
(作業に夢中でこの過程の写真撮影を忘れてしまいました・・・)

ここで少し問題発生。

現状の首回り(?)だと自分が想像していたサイズよりもかなり大きくなってしまう事が判明。なにぶん見切り発車の手探り作業なので、完成図がぼんやりとしか見えません…。
しかし後戻りはできない!と言うことで、気にせず襟を縫い付けます。

up首周りに縫い目を出したくなかったので、襟はボンドで張り付けようと思ったんですが、補強の為に縫い付けました。少しシワが出来てしまった(;▽;)

色々と見誤ってはじまった、トヨゾーぬいぐるみ作成。
後悔と完成への不安を拭いきれないまま次回へ続きます。

この記事を書いた人

にしこ
トヨトモのにしこです。
目指すジャンルは「明るいオタク」、何でもポジティブにこなしてみせます。